視力回復手術を検討している人は検査を受けてから悩んだらいい

オルソケラトロジーを検討していたけれど、検査を受けたら不適合だった。

どこの病院にかかるかを比較検討する前に検査を受けて良かった。悩む点が消し飛んでしまった。残念だけど。

 

今回行ってきたのは品川近視クリニック東京院。レーシックなどの視力回復手術に特化したクリニック。

WEBで無料の検査の希望日時の予約申込みをすると翌日に電話がかかってきた。この電話で予約の確定と当日の持ち物の連絡、いくつかの問診と検査後の流れなどを説明してくれる。電話は10分間みっちりと聞くことと答えることがある。検査は3~4時間かかるとのこと。私は金曜日の午後に受けて3時間半ぐらいかかった。

 

検査は検査員の人の指示にしたがって専門の機械に次々かかっていく。4台の機械で現在の視力や角膜の状態や瞳孔の開き具合などを調べてくれる。

検査員の人の感じがとてもいい。あのC型のランドルト環を使った矯正視力も計る。自分の視力が裸眼で0.06だと知った。

 

検査結果の分析を待って(5分ぐらいかな)、個別のブースで結果を聞く。

私の乱視は横に傾いていて(95度)100人に1人いない形。そのためオルソケラトロジーもレーシックも対象にならない。前房にレンズを入れるタイプの手術(フェイキック)なら対応できるがそれは両目で約60万円かかる。後房にレンズを入れる手術はレンズの傾きを固定しないので乱視の矯正には向かない。

 

おおおお。そうでしたか。というわけでオルソケラトロジーもレーシックも対象外ということがはっきりして、きっぱり諦めがついた。諦めるしかないからね。

 

検査員の方に聞いたところ、レーシック対象外となる人は10人に1人ぐらいいるとのことなので少なくはない。裸眼っていいなーとあこがれを持っていてオルソケラトロジーやレーシックもいいよなと時々検索しちゃうような人はまず検査に行ってみるといい。夢と覚悟を持って検査に出向いたら手術を受けられないなんてがっかりが強すぎる。手術を決めていなかった私もだいぶがっかりした。

検査は無料だし、術後に数回は通院する必要があるから通いやすさを体感してみるのはいい。医療機関の雰囲気もわかるしね。2医院以上で検査にかかることを薦めているブログもあった。

 

最後にご案内。

品川近視クリニックではレーシックを受ける方への紹介制度が用意されている。レーシックを受けた友人を探してみると手術代金の割引が受けられるかもしれない。詳細を聞きたい人はコメントくだされば、詳細をご案内します。